北八ヶ岳 雪ハイキング

【2017.3.10~11】
 雪に戯れたくてうずうずしていた。やっとチャンス到来、好天予報でGo!
ちょっと前まではほぼ毎年の恒例行事だったが、最近は途絶えていただけにうれしい。ただ歩けるか・・・。
画像

【3月10日】はれ
11:20ころ 渋ノ湯にバスで到着。バスは土日と月金の特定日しか運行されていない。つまり平日は自由にこれないと言うこと。
画像

11:35~11:57 登山口で支度。久しぶりにアイゼン装着。チャンスがあれば天狗岳狙うかもとの相棒企画により10本爪を持ってきた。(自分は天狗岳を考えておらず、直前までは4本爪を準備していた。)
画像
画像

この若者と、「どこかで会いましょう」と会話。
画像

高見石を目指す。
画像

事件発生!歩き始めて30分も経たないうちに、私のストックの雪止め(?)破損!経年劣化の見本みたい。
ストックが潜ってしまう、参った。
画像

12:20~12:42 おにぎりタイム。
画像

青空がでてきた。気分も明るくなってくる。
画像

13:30ころ 賽の河原通過。
画像

お地蔵さんは暖かそう?!
画像

アイゼンがキュッキュッと気持ちいい~!
画像

緩くなってきた、小屋は近い。
画像

14:13 高見石小屋。見慣れた雰囲気にホッとする。
画像

高見石に遊ぶ。
画像

小屋の天窓は雪が退けてあるみたい。さすが高見石小屋だ。
画像

今日は約7,000歩、楽だった。アイゼンを外していると、となりにいた女性が「年季もののですね、私の母がつかってました。」と。まあ合ってますね・・・と私。
画像

この広い部屋に今日は8人だけ。好きな場所で寝られる。ストーブもこたつも暖かい。
画像

ストーブとこたつの近くに場所決め。真上には天窓。
画像

夜、天窓から赤い星が見えたので、(極寒の)外に出てみた。オリオン座のベテルギウスだった。久しぶりに見たクリアな星空にちょっと感動。
また夜目覚めたとき、まぶしいなと思ったら、天窓から煌々とと月が輝いていた。これも感動。
【3月11日】快晴
05:40~06:10 ご来光を拝みに高見石へ。こんなのはたぶん10年以上ぶりの気がする。天狗狙うなら黒百合ヒュッテ泊だろうと言ったが、この景色も期待したいと言った相棒に120点。
画像
画像
画像

出発前の小屋。すがすがしい!
画像
画像

07:56 出発。予定より30分遅れ。
画像

「危ない!」と注意と同時にゴツン。
画像

これぞ北八ヶ岳!
画像

中山へのさいごの登り。空が気持ちいい!
画像

北アルプス遠望。
画像

08:59~09:15 中山展望台で遊ぶ。風もなく、いつまでも飽きない。
画像
画像

相棒がずっこけた。
画像

天狗岳がりりしい。時間的に難しくなってきた・・・。
画像

09:41 中山峠。もう少し先まで行ってみることに。むかし私がカステラを滑落させてしまった場所まで。
画像

よく雪と戯れた急登。
画像

もう少し先まで。
画像

10:00~10:30 折り返し地点。天狗までぎりぎり行けそうな時間だが、余裕がなくのんびりできそうにないので、ここで引き返すことに。あと30分~1H余裕があれば・・・。で、ランチタイム。
画像

団体が登ってくる。
画像

脇道にそれて遊ぶ。
画像

10:54 ふたたび中山峠。いつもの稲子湯ルートはちゃんとあった。
画像

11:00~11:57 黒百合ヒュッテでマッタリ。ランチする時、となりにいた若者に最新型アイゼンの感想,値段を聞いてみた。われわれのようなアイゼンはヒュッテ周りでは見かけなかった。
画像
画像

ヒュッテ前の見慣れた斜面。
画像

12:46 八方台分岐。いつもは登りで最初に休む場所。ここまでの下りで、40~50人の団体とすれ違い、ちょっとイライラ。
画像

13:37 登山口に戻った。
画像

装備を外していると、出発時から言葉を交わしている若者と3度目の出合。(2度目は中山峠手前で会っている。その後4度目に駅の立ち食い蕎麦でも会った。)
画像

今日は約16,000歩。
画像

<歩行ルート記録>(地理院地図利用)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック