津和野城跡

【2014.5.1】曇り~晴れ
 GW三日目。今日は津和野~雲仙の大移動の日。
まずは早朝さんぽ(山歩)に、昨日未遂の津和野城跡へ。きのう津和野へ向かう車の中で、観光候補を議論中、仲間の一人が”津和野はさだまさしの案山子の舞台らしい”と言ったので、早速ネット調査してみた。その結果、津和野城跡がその舞台らしいとの情報で、朝食前にさんぽ(山歩)となった。
画像

05:46 最寄りの駐車場に車をおいて歩き始める。大鳥居は稲荷神社のもの。
画像

05:48 いよいよ山道へ。
画像

06:08 案山子の舞台はここかな? と、”出丸”へ。
画像

この眺めかもしれないな~、と言いつつ、YouTubeで”案山子”を聴きながらしみじみした。
画像

本丸へ向かう途中に美味しそうなタケノコが落ちていた。蒸し焼きにしたらさも美味しそう。たぶんイノシシが掘り起こしたのだろう。
画像

本丸直下、新緑が実に美しく、まさに城跡の雰囲気。
画像

06:35 本丸。さすがに貸し切り、気分爽快!
画像

空はくもりだが、朝もや/朝霧がたたずむ、詩的な眺め、ジ~ンとくる。
画像

案山子は出丸でなく、やはり本丸が舞台だったのかと、再度”案山子”をしんみりと堪能する。
画像

”城跡から見下ろせば蒼く細い川”
 ⇒あるある津和野川。
”橋のたもとに造り酒屋のレンガ煙突”
 ⇒橋の近くに造り酒屋はあったが、煙突はコンクリート(?)の高いもの。南に離れたところにあった、レンガの煙突(写真)、まあいいか。
画像

”山の麓煙吐いて列車が走る”
 ⇒山口線を走るSLを眺められたら、確かに絵になるな~。
等々、貸し切りの城跡ではしゃぐ4匹のおっさん。
07:02 井戸があったという台所跡。ず~っと緑がうつくしい。
画像

07:32 帰着。さあ、朝食だ!
画像

さんぽとしてはちょっと重たい、約6000歩。
画像

<歩行ルート記録>(電子国土利用)
画像

その後、移動途中に秋吉台を観光。私以外の3人は初めてと言うことで寄ることに。
甘夏のソフトクリームがおいしかった。
画像

気になった道標、もう一端はどこにあるのだろう?気になる。
画像

せっかくなので、最小のループコースを散歩した。
画像

さらについでに関門橋。たしかに九州は近い、飛び込めば届く距離。
画像

で、〆は雲仙の夕焼け。本当は夕日を狙いに、夕食も慌ただしく海岸へ出たのだが、沈んだあと。誰かさんが日の入り時刻を10分ほど間違えた。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

おさしみアワー
2017年12月18日 16:26
縦走の反対側の起点は、八甲田山にあります。本州の端から端まで行くんですね。

この記事へのトラックバック